【LOL】WCS2016決勝youtube動画と結果についての感想

LOLの世界大会であるWCS2016が10/30をもって全日程が終わりました。
その頂点を賭けた決勝戦5試合のyoutube動画を貼っておきますので、是非御覧ください。
実況解説はもちろんRiotJP公式キャスターのeyesさんとRevolさんです。

スポンサーリンク

WCS2016

年々凄まじい規模になっていくLOLの競技シーン。今回の大会の賞金総額はなんと5億超え。
優勝チームにはその40%なので2億を超えた賞金が入ったみたいです。

さすがオンラインゲームNo1のプレイ人口を誇るだけはありますね。
いよいよ今年からLOLも日本に上陸し、日本のプロチームも出来たりしちゃってますがさすがにまだ世界とは張り合えないレベルです。
今回のWCSも予選敗退だったみたいですし、まだまだこれからですかね。

今回のWCSの決勝戦はSK Telecom T1vsSamsung Galaxyというこれぞ決勝に相応しいカードになってました。
世界最高峰のプレイヤーFaker率いるディフェンディングチャンピオンのSKTと、韓国でS6ではFakerより上のMIDプレイヤーと言わしめたCrownなどの新鋭揃いのSSG。
10/30日曜日の朝8:30からだったので早起きして、全試合を視聴しました。世界最高峰の戦いを見ない手はありません。

WCS2016決勝 Game1 SSG vs SKT

WCS2016決勝 Game2 SSG vs SKT

WCS2016決勝 Game3 SSG vs SKT

WCS2016決勝 Game4 SSG vs SKT

WCS2016決勝 Game5 SSG vs SKT

WCS2016結果感想

先に3勝したチームが優勝となるわけですが、なかなか凄いドラマがありました。
先に2連勝したSKTがサックリと圧勝で決めてしまうのかと思ったら、SSGの脅威の集中力と粘りで2勝を返して、勝負はWCS決勝初の第5戦までもつれこむアツイ戦いに。
SSGが凄まじいゴールド差をひっくり返すような試合があったり、これまたWCS初となる70分を越える最長試合があったりと見ごたえタップリでした。

バロン1つ取るだけに、本当に色んな読み合いと駆け引きがあり実況を聞きながらハラハラドキドキと見入ってしまう。
さすがアスリートビザが発行されているようなプロですね。人々を魅了するプレイの数々は本当に感心してしまいます。
中でも驚いたのが、レーン戦で魔王FakerがCrownにソロキルされたシーン。実況も解説も会場もすごい驚いてましたね。

見てて思ったのは、”やっぱりFakerはすげぇ”ってことです。彼がLOLの主人公です。
この人が全てを握っていると言えるくらいにFaker中心に試合が動いていた気がします。
しかし、これだけのプロがいるなかで数年間ずっと頭一つ抜けてプレイしているとか凄すぎでしょ。

最終試合の第5戦は危なげなくSKTが勝ち取り、見事SKTの2連覇で2016WCSは終わりました。
大会通してのMVPはやっぱりこの人。いや神か。
cv_ndwzuiaav_ow
約6時間に及ぶ日曜日のLOL観戦はなかなか充実した1日でした。

2016WCSの雰囲気を楽しめる動画です。興味があれば見てみてね。

おわり。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。