【LOL】MSI2017日本代表Rampageの全試合youtube動画【世界大会】

4月から5月にかけてブラジル・サンパウロで行なわれるLOLの世界大会「Mid-Season Invitational」(MSI)
日本からは、LJLのSpring Splitを勝ち抜いたRampageが本大会に参戦しました。

昨年、一昨年と2年連続で日本勢は予選敗退。
3年目の挑戦となる今大会の日本勢の試合動画を貼っておきます。
結果や感想は最後に書いてます。

ちなみにLJL Spring Split決勝の様子はこちら

【LOL】LJL2017 Spring Split 決勝 DFM vs RPG 動画

2017年4月1日

MSIとは?

Mid-Season Invitational(MSI)は、リーグ・オブ・レジェンドの国際大会。
13地域すべての直近のSplit(Spring SplitまたはSplit 1)の優勝チームがMSIに参加する権利を得て出場します。
MSIは毎年異なる地域で開催されていて、今年はブラジルでの開催。

この世界的舞台で優勝すると、MSI王者の称号、トロフィー、メダル、賞金、そして地域の栄光を手に入れることができます。
MSIの賞金総額は基本が$250,000(約2725万円)、これに特定の課金アイテムの合計売上の25%が加算されます。
これは少なくとも$750,000(約8175万円)が見込まれるみたいなので、合計賞金総額は少なくとも$1,000,000(約1億900万円)となります。
※1ドル109円で計算

MSI 2017の順位に応じた賞金配分は以下のとおり。
優勝:40%
2位:20%
3位と4位:それぞれ10%
5位と6位:それぞれ5%
7位:2.5%
8位と9位:それぞれ1.5%
10位と11位:それぞれ1.25%
12位と13位:それぞれ1%

昨年と同様に、2017 World Championshipで各地域のシード権を決定する際にはMSIでの結果が考慮されます。
(LOL公式サイトより引用:2017 Mid-Season Invitationalとは?

MSI2017グループ振り分け結果


予選グループ分けの結果、グループA枠に。

  • CBLOL Red Canids(ブラジル)
  • OPL Dire Wolves(オセアニア)
  • TCL SuperMassive eSports(トルコ)
  • LJL Rampage(日本)

2試合ずつ総当りして、上位1チームのみラウンド2へ進出。

試合前に煽られる日本勢



普通こういうコメントでは、「~に注意しなければならない」「油断できないチームだ」みたいな相手のいいところを挙げて注意して戦っていくよ的なこと話す場面なんですよ。
格闘技の試合前選手インタビューみたいな発言で、ガッツリ煽ってきてて笑いました。

それほどやっぱり、前評判では日本勢が最弱という評価だったのかな。

MSI2017 1試合目 RPG(日本)VS SUP(トルコ)

MSI2017 2試合目 RPG(日本)VS RED(ブラジル)

MSI2017 3試合目 RPG(日本)VS DW(オセアニア)

MSI2017 4試合目 RPG(日本)VS RED(ブラジル)

MSI2017 5試合目 RPG(日本)VS SUP(トルコ)

MSI2017 6試合目 RPG(日本)VS DW(オセアニア)

MSI2017結果感想

最後の6試合目以外負けという結果で、1勝5敗で予選落ち。
グループAはトルコのチームが5勝1敗でラウンド2へ進むかたちになってた。
やっぱり世界の壁はまだまだ厚く厳しかった。惨敗でチーン。

6試合目以外、ほとんどレーン戦で負けてるし力の差を感じずにはいられなかった。
タワーも毎回先手で取られて後手に回ってるし、えらいこっちゃどないしょって感じが見てて伝わってくる。
チーム戦になってもタゲがバラけてたり、焦ってごちゃついてたりまだまだ意識統一ができてなさそー。
あのワタワタする感じが最弱チーム感漂ってた。

メインコーラー(指示だす人)が誰なのかわからないけど、まだ未熟な気がする。
でもジャングラーのTussle選手は上手いなあと思った。さすがKR勢と言わざる得ない。

世界大会で日本勢の活躍を見るのはまだまだ先になりそうだ。

おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。