【LOL】2017ランクシーズン「最初の10戦」Part1

いよいよ2017年ランクシーズンが開幕された。
つまり、Season7に突入したというわけだ。

今回は記念すべき、日本サーバーでは初となる「最初の10戦」を経験することになる。
このLOL名物である「重要だ」と言われる「最初の10戦」を、ついに自身は4度目を迎えることになる。

今でも初めてランク戦をした時のことは覚えている。
ウーコンをピックし、ドキドキしながら慎重に慎重にレーン戦(嫌がらせ合戦)をこなしていた。
そんなことを味方はつゆ知らず、他レーンでは盛大に殺されまくり、味方同士でこれでもかというくらい煽り合っていた。
チャット欄でReportの文字が飛び交いながらのランク初戦は、まさにこれぞLOLというに相応しいクソゲーだった。
愛すべきクソゲーである。この運に完全に左右される感じがたまらないのである。

スポンサーリンク

これまでの戦績

これまで過去3度の伝統の戦いはしっかりとブログに記録している。もちろん今回もそのつもりだ。

S4 5勝5敗 Silver3スタート
S5 5勝5敗 Bronze4スタート
S6 4勝6敗 Bronze1スタート
毎度毎度、意気込んではいるものの勝ち越した経験が未だにない。
今回の目標は6勝以上で勝ち越すことだ。
この「最初の10戦」はシーズンを占う大切な”くじ引き”なので、しっかりと慎重に噛み締めて味わっていきたい。

「重要だ」と言われているが、システム的に基準のかなり下のランクに配属されるように出来ているらしい。
その為、結局誰もがランク下から地道に上げていかなければいけないわけなので、ハッキリ言って全然重要ではない。
だが、この1年に1回の”振り分け戦”である「最初の10戦」というプレミアム感に、魅力を感じるわけだ。

このプレミアムな戦いが納得の行くものになるのかならないのか。
「どうせ運ゲーだが、今回は6回以上アタリを引くぞ。」そんな想いで「最初の10戦」を迎えた。

1戦目【勝利】:MID マルザハール 8/7/8

mizu君とデュオでプレイ。MID/JGで申請し、MIDが取れて1stピックでマルザハールを選択。
基本はモルガナかマルザハールの2択。ガンクにも合わせられる上に、ガンク体制や防御面にも秀でている。
レーン戦で負けないことを第一目標にしている為、とにかくレーン戦の強い負けないチャンピオンが最適なのだ。

対面はラックス。レーン戦は余裕だった。
しかしラックスに最近新しいスキンが実装されたのだが、このスキンが非常にややこしい。
スキルの見た目も変わっている上に、途中でフォルムチェンジをして翻弄してくるので本当にウザイ。
さっきまでシェイバナみたいな見た目だったのが、急にシンドラのような見た目になり、スキルエフェクトまで変わるのだ。
何度「QとEどっちやねん!?」と言ったかわからないくらい、とにかくややこしい。

味方JGのイブリンが上手く立ち回ってくれたおかげで、どのレーンも有利に進んでいた。
敵のJGのオラフが集団戦で、ULT発動状態で一直線にひややつにアタックしてくること以外、特に問題なかった。
集団戦ではすぐに死んでしまっていたが、ADCのmizu君が「オラフを引きつける仕事をしてくれているから、俺が自由に動ける。そのまま死に続けてくれ」という言葉をもらったので、死ぬのを仕事にしていたら勝てた。

2戦目【勝利】:SUP ブランド 4/11/13

mizu君とデュオでプレイ。MID/JGで申請したが、希望が通らずサポート枠に。2戦目にしてこの仕打。
ラストピックだったので構成を見ながらmizu君と相談して「タンク足りてそうやし、火力すればいいんちゃう?」という言葉に乗っかりブランドをピック。
レーン戦は、まあひどかった。しかしこのゲームは運げーなのだ。

MIDが奇跡的に勝ってくれていたので有り難いロームが続き、さらにTOPのサイオンも育っていたので適当にやっていたら勝てた。
タンクオブレジェンドなので、育ったサイオンが暴れてくれれば勝てるのだ。
hiya1208

まとめ

1日目は2連勝で終わることが出来た。運が良かった。
Ranked Placements 2win 0Loss

おわり。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。